iPhone7はForce Touchホームボタン搭載で故障率低下?

ネットメディアはアナリストの予想としてiPhone7にForce Touch式のホームボタンが搭載されると報じています。これまでの物理ボタンと異なり、Force Touchは、内部の機械構造を利用してボタン(パッド)を押したような感触を返す仕組みです。これがiPhone7のホームボタンに組み込まれる可能性があるとのことです。(Business Insider

可動部が減るメリット

ホームボタン

iPhoneのホームボタンは1日に何度も押され、長年使っていると反応が悪くなるといった故障が頻発します。ホームボタンはiPhoneでも故障しやすい部分のようです。故障の原因は様々ですが、可動部が故障に弱くなるのは機械の宿命とも言えます。

この可動部がなくなることで、iPhoneの修理が大幅に減るのではないかと期待されています。上記リンク先のBusiness InsiderでもForce Touchのホームボタン採用でジーニアスバーの負担が減るのではないかと期待しています。

ただ現在のようにホームボタンと電源ボタンを長押しすることで、iPhoneを強制終了させることはできなくなります。強制終了には音量ボタンなどの他の物理ボタンを利用することになるのでしょう。

Force Touchは気持ちいい

僕の12インチMacBookにもForce Touchを採用したトラックパッドが搭載されていますが、本当に不思議な感覚です。パッドを押し込むと本当にクリックしたような感触が返ってきて、何も知らなければトラックパッドがカチッと動いていると勘違いするでしょう。

tapicエンジン

しかし実際は動いておらず、MacBookの電源を切った状態で同じ操作をしても、平面を押してるだけの感触しかありません。また押し込む強さによって、クリック以外のアクションが用意されており、iPhoneのホームボタンも普通押しと強押しで別々の操作が可能になるかもしれません。

感圧トラックパッド

シンプルが特徴だったiPhoneの操作はさらに複雑になりますが、便利になるならホームボタンへのForce Touch搭載は歓迎です

更新情報を配信します

関連コンテンツ