Bluetoothイヤホン「AirPods」 別売りか付属品か、それが問題だ

9月7日に発表されるiPhone7/7 Plusの情報が一気に増えて来ました。昨日、イヤホン関連で興味深い情報が出て来ました。iPhone7からはイヤホンジャックが廃止されることは確実であり、同時にAppleは新しいイヤホンをiPhoneに同梱させることも確実となっています。しかしそのイヤホンがLightning端子対応の有線イヤホンになるのか、無線(Bluetooth)イヤホンになるかはまだわかっていません。

earpods

AirPod名で新イヤホン発表か

旧ソ連圏での電子機器販売における登録申請書類に「AirPods」なる製品をAppleが申請していることが確認されました。ワイヤレスヘッドホンとして申請されており、これがiPhone7のイヤホンジャックの廃止に合わせてAppleから販売されるBluetoothイヤホンであることはほぼ間違い無いでしょう。

このAirPos、iPhone7に付属するのでしょうか、それとも別売りとなるのでしょうか。ここ数ヶ月の噂では付属イヤホンは従来品と同じで、変換アダプタも同梱されると言われて来ました。しかしこれは全く美しくありません。iPhone7の付属品なのにアダプタをつけないと使えない、そんな完成度をAppleが許容するかは疑問です。そう考えるとAirPodsが付属品になる可能性は大いに考えられます。

しかしイヤホンは使う人と使わない人に分かれます。中にはiPhoneを購入しても、イヤホンのケースを開けたことのない人もいます。音質にこだわる人は別売りのイヤホン、ヘッドホンを購入します。そのため付属品として比較的高価なBluetoothイヤホンを付けるかは判断の分かれるところではあります。

Apple Music iPod

僕としてはどうせ買うだろうし、付属品にしてほしいところです。Apple Musicに注力し、ワイヤレスをキーワードにするAppleとして、少し原価が上がってもAirPodsを付属させる意気込みを見せてほしいと思います。

AirPodsはどんな形になるのか

The dash

完全ワイヤレスイヤホン「The dash」

Bluetoothイヤホンはワイヤレスといっても一般的に左右の部品はコードでつながっています。最近、それもワイヤレスになった製品も出ていますが、今回のAirPodsは左右をコードで繋がれているタイプになるでしょう。それはiPhoneのイヤホンが音楽などを楽しむためだけでなく、電話やSiriで使うマイクを搭載する必要があるためです。

earpods

さらにBluetoothイヤホンの最大の弱点はバッテリーの持続時間が短いことです。これを解消するために、Lightning端子を備え、電池がなくなりそうになれば有線でも使え、さらに充電も同時にできるような形になるのではないでしょうか。このアイディアについてAppleは特許を取得(上記イラスト)しており、AirPodsに応用されると考えます。

AirPodsも9月7日に発表されることはほぼ間違いないでしょう。iPhone7/7 Plusと同じくらい注目すべき発表になると思います。

更新情報を配信します

関連コンテンツ