最近、LINEの新機能への対応スピードが落ちてる気がするんだが…

国内最大のユーザー数を持つLINE使ってない人を探す方が難しい状態です。たいていの人とはLINEで連絡が取れるので、難しいことは抜きに便利に使っています。しかし最近、iPhoneやApple Watch、iOSの機能に対応するスピードが落ちているような気がします。

Apple Watchではまだ「未読メッセージ」への対応のみ

昨年、Apple Watchが発売された時、LINEアプリがいち早く対応してApple WatchでもLINEが便利に使えるのでは?と期待されました。しかし対応したアプリは新着メッセージに対して数少ないスタンプで返信する機能しかありませんでした。その後、音声入力での返信にも対応したのですが、今でも未読メッセージがなければ何もできません

LINE

他のメッセージアプリは未読、既読を問わず受信メッセージから返信先を選べるようになっていて、Apple WatchではLINEよりはるかに使い勝手がいいです。この方が便利なのはLINE側でも分かっているはずだと思うのですが、一向に改善されません。

Siriや電話アプリにも非対応

line siri

iOS10からサードパーティ製のアプリもSiriを使えるよになりました。AppleのアプリですがiMessageではアプリを起動しなくてもSiriとの会話だけでメッセージの送信が完了します。メッセージ系のアプリ以外でも、既に多くのアプリがSiriへの対応を始めていますが、LINEは依然として未対応です。

着信

またiOS10の新機能として注目されている電話アプリとVoIPアプリとの統合でもLINEは出遅れています。既にFacebook MessengerViberSkypeWhatsAppなど主要なVoIPアプリは対応済みです。ここでもLINEの対応の遅さが気になります

メッセージサービスからプラットフォームへの進化を目指すのか

LINEは昨年から様々な事業に挑戦しています。メッセージサービスで集めたユーザーを新規事業のユーザーとして取り込むことで、収益性の高い事業展開を目指しているとみられます。そのためメッセージサービスへの新規投資は控えめなのかもしれません。

iMessage

ただiMessage大幅にバージョンアップして面白くなってきており、また他社VoIPアプリはiOS10の新機能にいち早く対応することで便利になっています。LINEと他社サービスの利便性に小さな差が生まれつつある気がします。その小さな差が重なっていけば、もしかしたら今のLINEの優位性が揺らいでくる可能性もあると思います。

更新情報を配信します

関連コンテンツ