「AirPods」購入希望者多数? どこで買えば早く入手できるのか…

先月開催されたAppleのスペシャリベントで発表されたAirPodsは発売前から消費者の興味を惹いているようです。アメリカの調査会社のアンケートでは消費者の12%が購入意向を示すなど、強い需要が予想されます。一方で発売当初の供給はこれまでのApple製品と同様にそれほど多くないとが予想されます。

【追記】12月13日、Apple Online Storeで注文受付が開始されました。それを踏まえて追記しています。

品薄必至、どこで買えばいいのか

AirPods

これだけ強い購入意向から予想すると、AirPodsが品薄になるのは確実でしょう。アクセサリ類で品薄となったものとして、すぐに思い起こすのがApple Pencilですが、発売日にOnline Storeで購入しても配送まで「1-2週」、量販店やApple Storeにも入荷なし供給が安定するに数ヶ月という状態でした。

omotesando

AirPodsは12月14日時点でOnline Storeでは既に「4週」待ちの状態になっています。ここで注文しても、1月15日以降の配送となり、早く入手することは不可能です。また品薄と言われているだけに、Apple Shopが入居する家電量販店への入荷はあまり期待できなさそうです。

一発逆転にかける形でAirPodsをいち早く入手するには、おそらく店頭販売にかけてApple Storeでマメに在庫確認するしかないでしょう。AirPodsが12月20日にもAppel Storeに入荷があるとの情報もあります。Apple StoreではiPhone7のジェットブラックも極端な品薄とはいえ、一定数の入荷が毎日ありました。かなり巡り会える可能性は低そうですが、発売日(12月19日)以降にこまめにApple Storeで在庫を確認すれば、もしかしたらということはあり得ます。

できれば、予約開始日時を告知して欲しかったのですが、僕を含めて出遅れた人は多いようです。

実際、AirPodは買いなのか

airpods

そもそもAirPodsは買いなのか、多くの人が考えていると思います。ワイヤレスタイプのイヤホンの欠点であるバッテリー持ちも、Apple独自の技術で改善されているようで、連続で5時間はバッテリーが持続します。これで通勤や通学で使う分には問題はなさそうです。iPadで映画だって見られます。バッテリー残量が少なくなれば、ケースにしまっておくことで充電できる仕組みもあります。バッテリーの性能はAirPodsのマイナスにはならないと思います。

AirPods

もう一つ、多くの人が気にしているのが「落ちそう」という心配ですが、これもどうやら大丈夫のようです。AiPods本体は非常に軽く、その分落ちにくくなっていると実際に試した人が感想を述べています。耳にフィットしなければ、サードパーティー製のアダプターを買うのも一つの手かもしれません。

でも1番の問題は価格です。安いBluetoothイヤホンは3,000円くらいで売っています。それに16,800円も払うのには疑問の余地があるのは事実です。しかし安いイヤホンにはない、Apple製品との簡単なペアリングSiriの利用電話への対応などが可能になります。そこに価格に見合った価値を見いだせるかどうか、だと思います。

更新情報を配信します

関連コンテンツ