iOS8のタイムラプス動画に挑戦

iOS8の新機能、タイムラプス動画を試しに撮影しました。iOS7でもアプリを使えば撮影できるのですが、今は標準のカメラアプリでも撮影してくれます。また細かな設定をしなくてもいいので、気軽に撮影できるようになっています(逆に言えば、凝った撮影はアプリが必要)。

山手線内回り、新宿-代々木-原宿間のでカメラを回し続けたのですが、それが10秒ほどに圧縮されます。iPhone6 Plusで撮影したのですが、比較的画像は鮮明です。YouTubeにアップしたときに少し劣化してしまったかもしれませんが、それらしい動画に仕上がっています。
コツはiPhoneをしっかり固定することでしょう。この場合、運転席後ろのガラスに強くiPhoneを押しつけるようにして安定させています。固定しないで敢えて動かして撮影するのは上級者向けかもしれません。
もう少し長く取っていたかったのですが、思った以上に揺れるので、腕が疲れてしまったため原宿で断念でした。
ちなみに上の動画はiPhone5c(iOS7)の時にアプリを使って撮影した動画です。これも窓にガムテープでiPhoneを固定させて撮影しています。タイムラプス動画はスローモーションより面白いです。

更新情報を配信します

関連コンテンツ