MacBook Pro 15インチの新モデル出荷開始 ってことはApple Storeでの展示も始まるか?

どうやらAppleはMacBook Pro15インチの新モデルの出荷を開始したようです。10月28日の受注開始から2週間、当初予告された通りの出荷日程です。しかしユーザーは最大の特徴となるTouch Barを体験する機会のないまま注文しています。Apple Storeでもアクリルケース越しにデモ機が展示されているだけです。出荷開始となったことで明日以降、Apple Storeで実機の展示が始まればいいのですが…。

macbook pro

触れるのはTouch Bar無しの13インチのみ

Apple表参道には13インチと15インチの新モデルのMacBook Proが展示されています。しかしアクリルのケースの向こう側にあり、触れることはできませんTouch Barが作動している様子は見られるのですが、触れないのでもちろん操作はできません。Touch Barを触らないことには、新モデルの良さは分からないのですが、実際に触れる新モデルのMacBook ProはTouch Barのない13インチだけです。

macbook pro

13インチのMacBook Proを触って分かったのは、軽さとキーボードのタッチ感の良さで、確かにMacBook Proは進化していることはわかりました。しかし多くの人にとって、さらに3万円を追加してTouch Bar搭載モデルを購入するかを決断するのは、やはり触ってからになるのではないでしょうか。昨日あたりからようやくToch Bar搭載モデルが出荷され始めたとのことなので、明日にでもAppl表参道に行ってみようと思います。今すぐの購入予定はないですが、やはり興味はあります。

将来的にはMacBookにも搭載を期待

現時点で僕の用途ではノートブックはMacBook12インチで十分です。なのでMacBook Proを購入する予定はないのですが、Touch Barの可能性には注目しています。Touch BarがMacBook Proだけの機能になるのか、それともMacBook全体の象徴的な機能として、MacBook12インチやMacBook Air13インチにも波及していくのか、Appleの方針は気になります。

macbook pro

Touch Barの評判が良ければ、次に購入するMacBookは13インチのMacBook Proにするかもしれません(もしMacBook12インチにTouch Barが搭載されなければ)。しかしMacBook12インチの軽さに慣れてしまったため、なかなかProに戻れないのも事実です。是非、数年後の買い替えの時までにはMacBook Proをさらに軽量化しておいて欲しいなぁと思います。

更新情報を配信します

関連コンテンツ