MacBook ProのTouch Bar、第一印象は面白い!面白ければいいんじゃないか?

ようやく家電量販店Apple StoreでMacBook ProのTouch Bar搭載モデルの展示が始まったので、さっそく触ってきました。お客さんの少ない時間帯に行ったので比較的ゆっくり触れましたが、第一印象は「面白い」でした。

touch bar

Touch Barは新しい操作の選択肢

MacBook Proに初めて搭載されたTouch Barは、未だに対応アプリが少なく、活用できる機会は少ないとされます。しかし写真アプリやマップアプリ、メールアプリ、PagesなどAppleが提供するアプリの多くが対応していて、Touch Barのメリットを体感する機会は多くなりそうです。

touch bar

展示機で試してみたのですが、これまでトラックパッドでやっていた操作をTouch Barでできるようになっていたり、押しやすい場所にあるTouch Barによく使うボタンを表示したり、それなりに使いやすくなっています。そしてその操作の感覚は新鮮で、革新的とは言い過ぎかもしれませんが、面白いことは確かです。

touch bar

面白ければ、それでいいと思います。MacBook 「Pro」なので実用性効率化を重視する意見が多いのですが、Touch Barが面白ければ、アプリ開発者がこの面白さを追求することで後から実用性や効率化が付いてくることは間違いないはずです。あと1年か2年もすれば、Touch Barの評価は今とは全く違ったものになっていそうです。

買うとしたらTouch Barモデル

僕自身、今すぐにMacBook Proを買う予定はありません。しかし買うとすればTouch Bar搭載モデルにするでしょう。MacBook Proはそう頻繁に買い換えるものでもないので、1年、2年後にはTouch Bar対応アプリが普及していそうなことを考えると、非搭載モデルを選ぶ理由はなさそうです。

touch

希望を言えば、MacBook 12インチにTouch Barを搭載して欲しいのですが、どうなるでしょうか。せっかく便利そうで面白い機能なのでMacBook 12インチMagic KeyboardにもTouch Barを採用してもらいたいです。お願いします。

更新情報を配信します

関連コンテンツ