予期せず電源の落ちるiPhone6sの修理サービス、全ての6sが対象ではない

本日、AppleはiPhone6sの無料(場合によっては有料)修理サービスを発表しました。iPhone6sで予期せずに電源が切れる不具合が確認されたようですが、全てのiPhone6sが対象というわけではありません。(iPhone 6s Program for Unexpected Shutdown Issues

3D

2015年9月、10月に製造されたiPhone6s

今回、修理サービスの対象となるのは2015年の9月、10月に製造されたiPhone6sのうち、利用中に予期せず電源の落ちる不具合が発生した端末のみです。もしiPhone6sの利用中に電源が落ちる不具合を経験した場合は、Apple StoreAppleの正規サービスプロバイダにiPhoneを持ち込みます。

iPhone6s

そこでシリアル番号などを確認して、無償修理の対象であるかを確認してから修理となります。修理はバッテリー交換なのですが、その作業ができないような故障がある場合は故障を有償で修理してから無償修理となります。画面にヒビが入っている場合はその部分の修理は有償となるようです。

今回はAppleの対応が遅い

iPhone6sのバッテリーが落ちる不具合は発売直後の2015年10月1日には報告が上がっていました。日本のサポートコミュニティにもそれらしい質問が複数寄せられています。それから1年以上が経過して、ようやく修理を実施するのはあまりにも遅い対応だったと思われます。僕もiPhone6sはバッテリーがすぐになくなるのでiPhone SEを購入するなど、iPhone6sのバッテリーにはあまりいい印象を持っていません。

iPhone6s

iPhone6sの消耗したバッテリー

iPhoneは大量に売れる製品なので、不具合も多種多様で個別に原因を特定するのも難しいとは思います。しかし、困っている人が多くいる問題でもこれだけ対応に時間がかかるのはAppleの不手際ではないでしょうか。新製品の開発も大いに進めてもらいたいですが、過去に販売した商品も丁寧にサポートして欲しいと思います。

更新情報を配信します

関連コンテンツ