なぜ僕はiPhone6sからiPhone SEに機種変更するのか

先週の予約開始と同時にiPhone SEを予約しました。僕は今、iPhone6sを使っているので性能は低くなり、機能が少なくなる機種変更になります。なぜ勢い余って予約してしまったのでしょうか。

新しいiPhoneを試したい

最大の理由は「新しいiPhoneを試したい」です。この気持ちには逆らえませんでした。AppleがiPhone SEを、今も多く残る4インチiPhoneユーザーの機種変更の受け皿的な位置づけにしているのは知っています。でもAppleがその4インチのiPhoneにどのような意味を与えるのか、もう一度確認したくなったというのが本音です。

この「試したい」という感情を前に、iPhone SEの性能ダウンや機能の制限に理屈をつけて納得するように頑張りました3D Touchの非搭載以外はなんとか納得できました。小さな画面のデメリットも、持ち運びのしやすさと相殺するはず、と思い込むようにしました。

6sよりSEという積極的な理由もある

一方でiPhone SEを選択するポジティブな理由もあります。iPhone6sはこれまで持っていたiPhoneで最もバッテリー持続時間の短い機種です。非常によくiPhoneを使うのですが、朝と昼にしっかり充電しておかないと、夕方はバッテリー切れの危機に陥ります。

この電池の持ちはiPhone SEの方がいいようです。Appleの公式サイトだけでなく、ウォールストリートジャーナルの実機レビューでも実験結果として書かれています。この部分は積極的にiPhone SEを選ぶ特徴といえそうです。

またコンパクトでスッキリしたデザイン、これはiPhone SEにしかありません。出っ張らないカメラ、洗練された形はiPhone SEが優れている部分です(と僕は思っています)。

おそらくiPhone7が出ればまた買うことになるのですが、その時もiPhone SEは用途によってSIMを差し替えて使いたいと思っています。また機種本体が届けば、iPhone6sとどこがどれだけ違い、iPhone SEがヘビーに使うのに足る機種なのか、ブログに書くつもりです。

更新情報を配信します

関連コンテンツ