謹賀新年チャレンジ失敗 達成にはあと少し運動を意識する必要がある

AppleはApple Watchのムーブアプリで1週間連続で目標達成を目指す「謹賀新年チャレンジ」を実施しました。しかしこのチャレンジ、結構難易度が高く、いつも通りの生活ではなかなか達成できない設定です。

謹賀新年チャレンジ失敗

Appleが設定した「謹賀新年チャレンジ」はムーブアプリの計測で消費カロリーエクササイズ時間起立回数の目標達成を月曜日から日曜日まで連続させることが達成条件です。下のスクリーンショットが1月の達成状況ですが、どれか一つの目標が未達となっている場合が多く、3つ揃って達成できた日はかなり少ないです。

move

3つの目標を達成するのも、それを1週間連続させるのにもあと少し、運動に意識を向ける必要があるのかもしれません。またApple Watchをつけていない時間は「スタンド」のカウントが停止するので、いくら起立しても目標を達成できません。また休日はApple Watchをつけずに外出することも多く、チャレンジ達成にはApple Watchをもっとつける必要もあるのでしょう。

次回の企画にも期待

今回の「謹賀新年チャレンジ」のおかげで、これまであまり使っていなかったムーブアプリを少しだけですが楽しむことができました。今後も不定期でもいいので色々なチャレンジを実施して欲しいと思っています。また今あるバッジ(目標)の種類を増やしてもっと面白くムーブアプリを使える工夫があっても面白いかもしれません。

バッジ

全世界のApple Watchユーザーがインストールしている(というより最初からインストールされている)アプリはもっと有効に利用できる可能性があると思います。

更新情報を配信します

関連コンテンツ