Hu Life with Apple

Apple Watch Ultraはウィンタースポーツで本領発揮

Apple Watch Ultraは過酷な環境でも快適に使えてアウトドアアクティビティにぴったりなスマートウォッチというコンセプトで登場しました。Appleは同製品の発表会でトレイルランや登山、ダイビングでも使えると強調し、そのタフさをアピールしました。しかし多くの人が恩恵を受けるのはスキーやスノーボード、スノートレッキング、スノーバイクといったウィンタースポーツなのではないでしょうか。

動作温度-20℃ 〜 45℃

Apple Watch Ultraは過酷な環境でも使えることをコンセプトとしており、通常のApple Watchよりも幅広い温度で快適に使えるように設計されています。通常のApple Watchの動作温度が0℃ 〜 35℃なのに対し、Apple Watch Ultraは-20℃ 〜 45℃と大幅に快適に動作する範囲が広がっています。通常のApple Watchは氷点下では快適に使えない(全く使えないわけではない)とされ、ウィンタースポーツでの活用は多少制限されることになります。

またApple Watch Ultraには大きなアクションボタンがついており、このボタンを押すことであらかじめ決めておいたアプリの起動や操作が可能になります。アクションボタンは大きな手袋をした状態での操作にも適しており、防寒対策下での使用も快適にこなせるでしょう。ちなみに人気スキートラッキングアプリのSlopesもApple Watch Ultraのアクションボタンに対応しています。

watch

-20℃までの動作温度大きなアクションボタン見やすいディスプレイ傷つきにくい本体正確なGPS情報などを総合的に考えてApple Watch Ultraウィンタースポーツにぴったりだと思います。

次へ 投稿

前へ 投稿

返信する

© 2023 Hu Life with Apple

テーマの著者 Anders Norén