iOS10.3 正式版ようやくリリース  大きな不具合情報はナシ

3月28日午前2時からiOS10.3のダウンロードが可能になっています。主な機能はベータ版で判明していましたが、それ以外にも細かい変更点があるようです。またダウンロードして試していますが、今のところiOS10.3をインストールした端末に大きな不具合は見当たりません。またTwitterなどでも大きな不具合情報は出ていません。

macOS

アップデート前にはバックアップを

iOS10.3は現時点で大きな不具合情報は出ていませんが、今回のアップデートでファイルシステムが変更になっています。内部的な変更でユーザーが直接確認できるものではないのですが、これによってファイルシステムがフラッシュストレージ端末に最適化されると言われています。

ios10.3

ただこの変更がある影響で、もしiOSのアップデート中に何かの不具合があれば、ファイルが破損して復元不可能になると多くのネットメディアが解説しています。万全を期すため、一応、iOS010.3へのアップデート前にはバックアップを取っておいた方が無難でしょう。

iOSの地図がさらに使いやすく

今回のiOS10.3はそれほど大きな機能の追加はなかったようです。AirPodsを探すが注目されていますが、これを持っていないユーザーにとっては全く関係のない話で、さらにクリケットの試合結果をSiriが教えてくれるようになったといっても、全く関係のない人が多いでしょう。

tenki

ただAppleの地図アプリがすこし便利になったのはiPhoneユーザー全体が恩恵を受けられるかもしれません。Mapアプリではその場所の天気や気温が表示されるのですが、その表示を強く押すことで時間ごとの天気予報が表示されるようになりました。それだけと言えばそれだけなのですが、旅行などでは便利に使えそうです。大きな変化ではありませんが、地図がすこし使いやすくなればiPhoneもすこし便利になると思います。

更新情報を配信します

関連コンテンツ