Apple Watchのアクティビティで「アースデーチャレンジ」を実施 今回は簡単そう

AppleはApple Watch向けのアプリ「アクティビティ」で21日(アースデー)に合わせてアースデーチャレンジを実施します。この日にワークアウトアプリやヘルスアプリ対応の他社製アプリで30分以上の運動をするとアプリ内で特別なバッジとメッセージアプリのスタンプがもらえるイベントです。

erathday

謹賀新年チャレンジは難関、今回は簡単

アースデーチャレンジは30分以上の運動でクリアとなるため、Apple Watchをつけて30分歩くだけで(ワークアウトアプリでウォーキング)達成できます。散歩、買い物、通勤・通学でも達成できるでしょう。前回のチャレンジ(謹賀新年チャレンジ)はムーブのリング3本を月曜日から日曜日まで毎日全て完成させるという超難関だったのに比べて、今回は簡単にバッジがもらえるはずです。

watch

今回は僕もバッジ獲得できそうです。まあ、あまり簡単すぎるチャレンジも面白くないのも事実です。今回はアースデーの周知を兼ねて実施されているっぽいので、あえて簡単な課題が設定されているのかもしれません。ちなみにこのような告知を兼ねたチャレンジにはある可能性が見えてきます。

企業・製品プロモーションにも使えそう

例えば、スポーツシューズメーカーが新製品の発表に合わせて、ランニングとウォーキングのチャレンジを実施してバッジ獲得者の中から抽選で1000名に新製品をプレゼントするなんてこともできるかもしれません。Appleがアプリ内で他社のプロモーションを許容するかは別として、日々の目標となるアクティビティアプリの記録とそれを元にしたバッジ獲得には色々な可能性がありそうです。

apple watch

エクササイズ以外でも、観光地では地域内のスポットを徒歩、ランニング、自転車で回った人にアプリ内のバッジと記念品を贈呈なんてことも可能になるでしょう。Appleがアクティビティアプリ内のバッジのシステムを解放すれば、色々面白い試みが出てくるかもしれません。Apple Watchの用途も広がりそうで、将来的にこのような機能が搭載されることを期待しています。

更新情報を配信します

関連コンテンツ