iPhone8の発売は2018年まで遅れる可能性、本当にiPhone8は存在するのか?

ドイツ銀行はすでに大量の情報が溢れ出しているiPhone8の発売が2018年にずれ込む可能性があるとレポートで指摘しています(Apple’s iPhone 8 could be delayed until 2018)。レポートでは遅延の原因は技術的な問題とも部品供給の問題ともしており、今年の秋には通常通りiPhone7sが発売されると予測しています。

iPhone8

そもそもiPhone8の存在には違和感

もともとiPhone8の噂は色々と違和感の多くありました。なぜiPhone7sではなくiPhone8なのか、なぜiPhone7sと併売されるのか試作段階からiPhone8とする情報が漏れすぎているなどです。iPhone8の発売が来年になるとすれば、これら違和感は解消します。僕もこれだけブログにiPhone8のことを書いているのですが、まだ本当に発売されるかについては懐疑的です。

touch id

クックCEOは1-3月にアナリストの予想ほどiPhoneが売れなかった原因iPhone8の噂が先走っている影響とも説明しています。しかしもしこの画期的なiPhoneの発売がドイツ銀行のレポート通りに来年になるのであれば、消費者を巻き込んだ茶番劇になってしまいます。Appleとしても噂にコメントするのはできないかもしれませんが、茶番劇にならないように次期iPhoneについて何らかの示唆があってもいいと思います。

発売が遅れるのは確実か?

今回のドイツ銀行のレポート以外にもiPhone8の発売が遅れるとする情報は多数あります。遅れる原因も同じで部品供給や技術的な問題があるためとしています。今の噂の主流は例年通り9月上旬にiPhone7s、iPhone8が発表され、iPhone7sが9月下旬に先行発売され、年末頃にiPhone8が発売されるというものです。

カメラ

ただiPhone8が来年になるのであれば、もう発表もiPhone7sだけになるかも知れません。そうなればiPhone6,6s,7,7sと大きなデザイン変更が行われない状態が続き、iPhoneの売れ行きにも影響しそうで、これもあまり考えにくいことではあります。Appleの内部では一体どんな計画が進んでいるのでしょうか

wwdc

この計画の一端が6月のWWDCで発表されるiOS11の中に隠されているはず、と僕は予想しています。

更新情報を配信します

関連コンテンツ