iOS10.3.2正式版リリース 不具合情報も今のところナシ

先ごろ(16日午前2時頃)AppleはiOS10.3.2の正式版をリリースしました。iOS10.3.1のリリースから約1ヶ月、予定通りの公開であり、機能面で大きな変更点はなさそうです。またiOSをアップデートしたことでの不具合情報も大きなものは伝わっていません

ios10.3.2

セキュリティー面での更新が中心

 iOS10.3.2の更新画面での説明ではバグ修正とセキュリティー面での改善と説明されており、それ以外の機能に大きな変更はなさそうです。これから多くの人がインストールすることで、次第に変更点が明らかになっていくかもしれませんが、それほど大きな変更はない雰囲気です。

また不具合についても、僕の環境(SIMフリーiPhone7 Plus、au回線)では通常通り作動しており、Twitter等にも重大な不具合情報は出ていません。慎重を期すならもう少し様子見してからインストールしてもいいかもしれませんが、それほど心配することもなさそうです。

次はiOS11に大きな注目

おそらくAppleはiOS11の正式版の公開(9月)までにあと1度くらい、iOS10.3のマイナーアップデートを実施するでしょう。しかし来月上旬に開催されるWWDCではiOS11の概要が発表され、世間の関心はiOS11に移ります

macOS

いくつかの機能についての情報は漏れているのですが、例年のように具体的な情報が多く出てくるという状態ではなく、当日になってみないとどんなiOSになるかはわからないかもしれません。ファンとしては先に知りたい気持ち半分当日の楽しみにとっておきたい気持ち半分ってところです。何か画期的な機能を備えたiOSが出てきてくれれば面白いのですが、どうでしょうか。期待して待つことにします。

更新情報を配信します

関連コンテンツ