ポケモン GOがiPhone Xに対応したので記念撮影

iPhone Xの全面ディスプレイはARとの相性がいいと言われています。ただAR対応アプリも現時点では面白アプリ程度の機能しかありません。そこでARアプリの先駆者的存在のポケモン GOに期待しています。このポケモンGOiPhone Xの画面サイズに対応したので記念撮影してきました。

ポケモン

全面ディスプレイで面白く

iPhone Xの最大の特徴である全面ディスプレイはARへの没入感を高めます。購入して使っていくうちにわかったのですが、iPhone XはOLEDディスプレイを搭載して自然な発色を実現しているため、さらにARとの相性は高いと感じます。暗いところで明るすぎない、明るいところで暗すぎないディスプレイは本当に見やすいです。

ポケモン GO

そのiPhone Xポケモン GOアプリのポケモン捕獲画面をうまく調整して撮影すると面白い写真が撮れるんじゃないかとずっと思ってきました。今日のアップデートでiPhone Xの画面サイズに対応したとのことで、さっそく試してきました。画面内の世界が少し小さめなので、画面街の外の世界と合わせるのは少し難しいです。

ポケモン

地面などの近くの景色と合わせるのは比較的簡単なのですが、ピッタリ一致させるのは難しいです。iPhoneの外の世界と中の世界この辺がピッタリ合えば、もっと面白い写真が撮れて、ポケモンを探すのも楽しくなりそうです。

ARKitも楽しみ

ポケモン GOアプリは近々iOSのARKitにも対応するとされます。これまでのポケモンはAR内で方向だけしか指定されていません。ポケモンのいる方向にiPhoneを向ければ画面内にポケモンを捉えられます。しかしポケモン GOアプリがARKitを利用するようになれば、ポケモンに近づいて捕獲することも可能になるでしょう。

黒ベゼル

近づけば捕まえやすく、近づき過ぎれば逃げられる。静かに後ろに回りこめば捕まえやすい。そんなルールになるのかもしレません。ARKitの利用ポケモンはもっと面白くなる可能性を秘めていそうです。

更新情報を配信します