Appleもようやく”ストリートビュー”の作成を開始?

Appleが「変な車」を走らせていると話題になっています。車の屋根には何個もカメラが取り付けられていて、おそらくiOSやOS Xの地図アプリ向けにGoogleのストリートビューのような機能を作成中なのではないかと推測されています。

ようやくの印象です。iOSの地図アプリをオリジナルのものにしてその完成度の低さから批判にさらされて以来、ゆっくりですがAppleは地図の改善に努めてきました。しかしまだまだGoogleには追いつくどころか背中さえ見えていない状況です。その大きな原因の一つが”ストリートビュー”の有無でした。

Googleはストリートビューを「こんなの何に使うんだろうか?」と言われていた時から地道に撮影を続けてきました。その成果が今のGoogleマップの利便性の裏付けとなっています。不動産業、旅行業、飲食・小売業などストリートビューを活用している企業は多数あります。また個人でも待ち合わせ場所を調べたり、駅から目的地までの大体の行き方を事前に調べたり、非常に便利に使えています。

その”ストリートビュー”にAppleがようやく取り組み始めたのは、遅れてはいるものの大きな一歩だと思います。ただAppleのサービスでは毎度のことですが日本で使えるようになるには少なくとも数年はかかるのではないでしょか。上の写真にある通り、Googleは既に車の入れない場所もカバーする段階に入っており、この点ではAppleを何周もリードしていると言っていいかもしれません。Googleの地図アプリでの優位は当面ゆるぎそうにありません。

更新情報を配信します

関連コンテンツ