ついに!ポケモンGOがApple Watchに対応 アイテム取得やタマゴ孵化などが可能に

今朝、Pokémon GO 1.21.2がリリースされ、このバージョンでApple Watchに対応しました。年内と告知されていたApple Watch対応クリスマス直前に滑り込んできました。これで手首のApple WatchからポケモンGOを楽しむことができるようになりました。

pokemon

Apple WatchのポケモンGOでできること

pokemon

今回のApple Watchへの対応でiPhoneでできることが全てApple Watchでできるようになったわけではありません。Apple Watchでできることは基本的にポケストップでのアイテム獲得たまごの孵化ポケモンの発見です。Apple Watchからはポケモンを捕まえることはできません。ただiPhone側でポケモンGOが起動していなくても、Apple WatchでポケモンGOを起動しておくと歩いた距離はどんどん加算されてたまごが孵化します。

pokemon

egg

またポケストップの近くに行くと通知が来て、いつもと同じようにくるくるっと回せばアイテムが獲得できます。これもiPhoneでポケモンGOを起動しておく必要がなく、iPhoneをカバンに入れたままでも移動時にアイテムをたくさん獲得できます。これに加えて、ポケモンの発見も振動で通知されます。レアポケモンを発見すればカバンからiPhoneを取り出して、捕まえるって使い方はできそうです。

ただポケストップの多い場所ではポケモンも多く発見され、通知がたくさん来るので状況に応じて通知のON, OFFを設定したほうがいいと思います。

収集したデータはヘルスケアアプリに格納

ヘルスケア

Apple WatchにおけるポケモンGOはワークアウトアプリとして位置づけられています。歩いた距離消費カロリーなどはiPhoneのヘルスケアアプリと連携して、そこに記録されます。運動記録としてポケモンGOアプリを利用してもいいかもしれません。ポケモンGOのユーザー層は実は高齢層が分厚くなっているとの調査もあります。そんな高齢層の需要に応える機能になるかもしれません。

ワークアウト

Apple Watchでは他のワークアウトアプリと同様にポケモンGOをバックグラウンドで起動しておくことが可能であり、その間に他のアプリを使ってもポケモンGOは歩数などのカウントを継続します。iPhoneのポケモンGOのようにずっと画面にポケモンGOを表示しておく必要はありません。これもApple Watch版のポケモンGOのメリットの一つになりそうです。

問題はApple Watchのバッテリー消費量

iPhone版のポケモンGOがリリースされた時もそのバッテリー消費量が多くて話題になりました。Apple Watch版でも当然問題になるでしょう。今朝、少し起動させてこの記事を書いているのですがやはりバッテリーの減りは通常よりも速くなっています。ただ他のワークアウトアプリと同じくらいのペースでの減少という印象で、ポケモンGOアプリだからといって特別速くバッテリーが減る感じではありません。

Apple Watch nfc

Apple Watch Series1,2は初代のApple Watchに比べてバッテリー持続時間が大幅に向上しています。それでも約1時間のポケモンGOアプリの起動で12%バッテリー残量が減少しています。起動しっぱなしにしておくと約8時間でバッテリーが0%になる計算です。通常よりもかなりバッテリーの減るスピードは速くなっています。またiPhone側のバッテリーも各種処理を実行している影響か、少し減りが速くなっている印象です。

通知の設定も影響しそうで、バッテリーの減りについてはもう少し詳しく検証する予定です。

更新情報を配信します

関連コンテンツ