2017年5月になってもAirPodsは「出荷日:6週」のまま

2016年12月、数ヶ月遅れでようやくAppleの完全ワイヤレスイヤホン「AirPods」が発売になりました。しかしApple Online Storeでの予約開始後すぐに4週待ち6週待ちとなり、AirPodsは発売直後からずっと品薄状態に陥っています。2017年の半ばに差し掛かってもその品薄は継続しており、5月8日時点でApple Online Storeでの表示は「出荷日:6週」のままです。

airpods

いま注文しても配送は6月23日頃

AirPodsは店頭販売でも販売開始から数時間で完売となるなど、品薄が続いています。その後Apple Store(特にApple 銀座)には定期的に入荷があるようですが、まだまだ品薄状態は続いておいます。Online Storeと同様、すぐに店頭販売で入手するのも難しいようです。

may

現在、Apple Online StoreではAirPodsの納期について「出荷日:6週」と表示されています。予約したAirPodsの出荷が数日早まった例もあるように、多少の前倒しはあり得そうですが、数週間単位での前倒しはあまり考えにくく、やはりいま注文してもAirPodsの到着が5月中旬以降になるのは確実でしょう。

kaden

家電批評3月号より

ちなみにAirPodsはiPhoneユーザーには特にオススメですが、実はXperiaで使っても音質が良くて手軽な完全ワイヤレスイヤホンとして利用できるようです。この情報が多くの人が知ることとなれば、さらに品薄が進んでしまうかもしれません。

iOS10.3ではAirPodsを探すを実装

AirPodsは紛失しやすそうで心配、という前評判がありました。実際に使うと、耳から落ちることはほぼないので紛失思想になることはありません。しかし万が一の時のため、iOS10.3では「AirPodsを探す」が実装されました。これでAirPodsが最後にiPhone(など)とペアリングされた場所が表示されるようになりました。失くしたと気づいて、すぐにこの機能を使うと見つかる可能性は高まりそうです。

また、どこか(iPhoneとの接続圏内)にあるイヤホンをiPhoneなどから遠隔操作てビーコン音を再生できるようになりました。上の動画にもあるように、音は屋内では十分に認識できる音量です。これでAirPodsを失くす心配は少し低下したと思います。

クック氏は品薄解消に努力

Appleのティム・クックCEOはインタビューに応え、AirPodsの滑り出しは絶好調であったことを認め、また品薄の解消に努力すると発言しています。その発言を裏付けるようにAirPodsの増産が伝えられており、春頃には買いたい時にすぐに手に入れることができる体制が整うかもしれません。

tim cook

これだけAirPodsが売れれば、AirPodsの利用を前提としたアプリやサービスが登場してもおかしくはなさそうです。AirPodsを単なるイヤホンとしておくのもったいないことです。せっかくiPhoneと常に繋がったディバイスが耳に差し込まれているので、これを基礎としてAirPodsはAppleらしいウェアラブルディバイスとして発展して欲しいと考えます。

更新情報を配信します

関連コンテンツ