AirPodsはソフトウェアアップデートでまだまだ進化する?

AirPodsの発売から3週間ほどが経過しました。国内外で多くのレビューが出揃い、その大半がAirPodsに高評価を与えています。少なくともiPhoneで使うイヤホンとしてAirPodsが最初の選択肢になることは間違いないでしょう。しかし多くのレビューで一致した不満点が出ています。Siriを使わないと音量の上下ができない点です。

airpods

AirPodsはソフトウェアのアップデートで進化する?

最新のレビュー(9to5Mac:Apple’s AirPods and the best cord-free competition compared)でもAirPodsは非常に高い評価を得ていますが、やはりSiri経由での音量上下だけはマイナス点と捉えています。しかしレビュワーはこの欠点もiOS等のアップデートで改善するのは難しくないとしています。

airpods 設定

確かにAirPodsを2回タップした時の動作はペアリングされているディバイス側のさじ加減です。今後のOSアップデートで「右のイヤホンを2回タップで音量上げ」、「左のイヤホンを2回タップで音量下げ」、「3回タップでSiriを呼び出す」と変更すればSiriを経由しなくてもよくなります。ちなみに今でも設定で2回タップで「Siriの呼び出し」か「音楽の一時停止、再開」かの操作を選べるようになっています。

iPhone、Apple Watchとの連携で可能性は無限

AirPodsは常にApple製品とペアリングされて使われることが前提となっています。そのためiPhoneApple Watchの進化に合わせて比較的単純なディバイスであるAirPodsもまだまだ進化できる余地を残しています。例えばSiriが今よりももっと使い勝手が良くなれば、AirPodsの利便性は今よりずっと高まるでしょう。

AirPods

それだけでなく、AirPodsを使っていることが前提になるアプリが登場するかもしれません。今のAirPodsの評判売れ行きを見ているとそれほど非現実的なことではない気がします。AirPodsのデザインに抵抗のある人も、多くの人が自然につけるようなると抵抗感が薄れるはずです。僕は2016年のApple製品のNo.1はAirPodsだと確信しているのですが、2017年さらにAirPodsが発展してくれればと思います

更新情報を配信します

関連コンテンツ