iPadは「Pro」がベゼルレス版、「Air」を従来サイズ版に再編して欲しい

3月に開催が噂されているAppleのスペシャルイベントではiPadの新モデルiPhoneの新カラー、Apple Watchの新バンドiOS10.3などが発表されると予想されています。中でも期待できそうなのがiPadの新モデルです。

iPad Proにベゼルレスモデル登場か?

まことしやかに囁かれている噂を総合すると、新しいiPadにはベゼルレスモデルが用意されるようです。縁を狭くした全面ディスプレイのようなディバイスはいかにも近未来な感じです。手で持って使う場合、縁があったほうが使いやすい状況もありそうですが、一気に斬新なデザインを採用して次期iPhoneとのデザイン面での統一感を持たせるためにもベゼルレスモデルもありかもしれません。

iPhone8

そしてベゼルレスモデルの登場で複雑になったiPadのラインナップが整理されることにも期待したいです。iPad Proをベゼルレスとすれば9.7インチiPad Proの本体サイズを少し大きくすることで、12.9インチのiPad Proができます。また同様に7.9インチのiPad miniを少し大きくすれば9.7インチのiPad Proが作れます。

iPad Pro

このベゼルレスモデルをiPad Pro(12.9インチ、9、7インチ)として揃えて、従来のiPad AirとiPad miniをiPad Air(9.7インチ、7.9インチ)として再編すればかなりラインナップはすっきりします。

iPadのワイヤレス化も進むか

新モデルとして発表されるiPadはiPhoneのようなワイヤレス化が進むのかにも注目です。iPhone7ではイヤホンジャックが廃止され、AirPodsBeatsXなどのワイヤレスイヤホンを使うことが主流になりつつあります。これがiPadにも継承されれば、Appleがワイヤレスへと進む意図がより明確になると思います。

ワイヤレス

欲を言えばiPad Proにはワイヤレス充電機能が搭載され欲しいとも考えていますが、それは少し時期が早いのかもしれません。とはいえ次期iPhoneがワイヤレス充電に対応するともいわれており、iPadがそれに対応するのも時間の問題でしょう。iPad、iPhone、Apple Watch、AirPodsと充電するディバイスがどんどん増えて手間が増大していく中で、簡単に充電ができるワイヤレス充電の普及は欠かせないと考えています。

更新情報を配信します

関連コンテンツ