また次期iPhoneに新機能の噂 iPhoneはどこへ向かうのか

Appleは次期iPhoneで大幅なバージョンアップを図ると噂されています。その噂に沿って、様々な情報が出ていますが今朝も「フロントカメラに3D画像認識機能を搭載」との情報がネットメディアを中心に報じられています。ワイヤレス充電、ベゼルレスディスプレイ、ホームボタン廃止、顔認証機能に続いて新たな情報です。

iPhone8

どこまで本当かは不明

今回の3D画像を認識できるカメラを搭載するという情報も、毎度おなじみのKGI証券のアナリストによる「予測」として出てきたので、どこまで本当かは不明です。ただ次期iPhoneで大幅なモデルチェンジが行われるとの情報の流れから、3D認識機能も現実味のある話として流布されている面もあります。

iphone8

次期iPhoneは前述のようにワイヤレス充電ベゼルレスディスプレイホームボタン廃止顔認証機能などこれまでにない機能、デザインが盛り込まれるとされます。そのため価格も米国で1,000ドルを超える設定になると言われていますが、本当にこれだけの大幅なアップデートが実施されるのかどうか、まだ疑わしい部分もあります

スマートフォンの新境地を拓くか

もし次期iPhoneが今噂されているような機能やデザインを全て盛り込むとすれば、スマートフォンにとって歴史的な1台になることは間違いないでしょう。iPhoneの発表以来、多くの企業がiPhoneを意識したスマートフォンを発表し、すでに販売されるスマートフォン(iPhoneも含めて)の多くがデザインも機能も似たり寄ったりになっています。逆説的ですが、iPhoneがスマートフォンの標準になったことで、iPhoneは標準的なスマートフォンになってしまいました。

iPhone8

標準的とされることでiPhoneの特徴は薄れてしまっています。その状況を打破するための次期iPhoneのモデルチェンジであるとすれば、Appleは再びスマートフォン市場で他社を寄せ付けない地位を築くことも可能になるでしょう。また世の中のスマートフォンの標準を大きく変えるきっかけになると期待します。少しハードルが上がり過ぎている気もしますが、世界中の湯0ーザーの次期iPhoneへの期待が高まっていることは確実です。

更新情報を配信します

関連コンテンツ