iMessageのステッカー(スタンプ)が面白いらしいが…

AppleはiMessageで使うステッカーの面白さを表現したプロモーションビデオを公開しています。iOS10からiMessageでステッカーが利用できるようになりました。有料、無料を合わせてステッカーの種類はかなり増えており、その楽しさが広がっていることをAppleはプロモーションビデオで表現しています。

stickers

LINE優位の日本でiMessageの出番は少ない

日本でiPhoneがスマホで大きなシェアを維持している反面、iMessageの利用者はほとんどいないのが現状です。メーッセージアプリはLINEの一強状態で、各種グループの連絡はほぼLINEに統一されているといっても過言ではありません。そんな中でiMessageがいくら頑張っても、なかなか利用者は増えません

ステッカーが面白いといってもLINEにはスタンプがあり、面白いスタンプを有料で購入している人も多数います。その人たちがすぐにiMessageを使い始めることは想像できません。iMessageの方が何かと便利なことはあるのですが、それもiPhoneやiPad利用者に限られた利便性であり、利用できるOSが限定されている点でもメッセージアプリとして大きな欠点を抱えています。

iMessage for Androidの登場が必須

仮にiMessageがLINEに取って代わる存在になれるとしても、それはAndroid端末に対応したiMessageアプリが登場してからになるでしょう。いくらiPhoneのシェアが高いといっても、それ以外の人ともメッセージを送受信する必要があります。確かにiMessageを送受信するメッセージアプリではキャリアメールSMSの送受信が可能ですが、統一性がなくそもそもそれではステッカーは使えません

iMessage

誰でも使えるのがメッセージアプリの基本だと思います。なのでiMessageの利用者を拡大させるなら、まずiMessage for Androidの登場は欠かせないと考えます。Appleもその重要性には気づいているようですが、現時点でAndroidアプリをリリースする気はないとされます。一時、iMessageがAndroidにも対応するという噂はあったのですが、うやむやになったまま現在に至っています。

それでも普及を目指すならどこかのタイミングでiMessageはAndroidに対応すると考えます。なら早い方がいいと思うのですが、Appleの戦略はどうなっているのでしょうか。

更新情報を配信します

関連コンテンツ