Appleに近い人物「iPad miniは段階的に廃止されている」らしい

アメリカのメディアBGRはAppleに近い人物からの伝聞情報としてiPad miniの段階的な廃止を伝えています(Apple to discontinue iPad mini as device gets squeezed from both ends)。廃止時期などはこの記事からだけでは不明ですが、iPad mini新しいモデルはもう出ないのかもしれません。

ipad mini

立ち位置は微妙だった

確かにiPad miniiPhone6 Plusの登場で画面サイズという視点でも立ち位置が不鮮明になっています。AppleのiPadの新モデル投入でも9.7インチ12.9インチのiPad Proが相次いで投入された反面、iPad miniはマイナーアップデートにとどまるiPad mini4が2015年に発表されて以来、新モデルの発表はありません。

mini

また低価格路線を担うiPadが今年の3月に発表されたことで、安いiPadとしての役割もほとんどなくなってしまいました。この流れからiPad miniの廃止を既にAppleが見据えていたとしても不自然ではありません。今後、新モデルが発表されることなく、ひっそりと歴史を終えてしまうのでしょうか。

便利に使っているのだが…

僕の場合、iPad mini3を持ち運び用にして、書類や資料の閲覧用に、Kindle用に、非常に重宝しています。片手で取り扱える本体サイズでありながら5.5インチiPhoneよりも見やすい画面サイズは他にはありません。5.5インチiPhoneは手に持って画面を見るのが標準であり、机の上で資料を表示しつつMacBookで作業するという使い方には向きません。

iPad mini

個人的にはiPad mini Proが今年出て来ることを期待していたのですが、これが裏切られるどころか、iPad mini廃止の方向に向かうとは。非常に残念な情報ではあります。このまま新モデルが出ないなら、数年後にはOSのアップデートの対象から外れ、販売も停止されることになってしまうのでしょう。

ただその頃にはもっと軽い大画面iPadが出てる可能性も0ではありません。今のiPad miniの使い勝手に匹敵するiPadの登場に期待します。

更新情報を配信します

関連コンテンツ