iPhone7は32GBモデルから!? いいと思います

中国の情報サイトが発信源となって、iPhone7のストレージが32GBからになるとの情報が駆け巡っています。真偽の程は定かではありませんが、iPhone732GBモデルからになるのは歓迎です。

32GB

16GBモデルは限界に近い

このブログでも何度も書いていますが、16GBモデルでiPhoneを楽しむのは不可能に近くなってきています。OSなどの領域を除けば自由に使えるのは11GBほどで、その容量も写真や音楽、アプリ、さらには謎のデータに占領され、空き容量が数十MBとなることも珍しくありません。

16gb

空き容量が減れば、iPhoneのコンテンツと設定をリセットして一時保存されているデータを消すことで数GBの空きが確保できます。しかしこの空きも数ヶ月で無くなってしまい、再びリセットという使い方を強いられます。色々工夫して16GBを使ってきた僕ですが、この不便に耐えられず、iPhone SEでは64GBを購入しました。

32GBでも大丈夫

iPhone SEは64GBを購入したのですが、今の使い方ではギリギリ32GBでも事足ります。iPhone7が32GBモデルからになると、最低価格のモデルを買うことも可能です。噂によるとお値段据え置きで容量アップとのことです。16GBモデルの値段で32GBモデルが買えるなら大歓迎です

64GB

ただiPhone7 Plusデュアルカメラを搭載し、より大きな容量のコンテンツを保存する必要がありそうです。また今年中にApple Musicがハイレゾ音源に対応するという情報もあります。仮にそうなれば32GBモデルでもギリギリとなる状況も想像できます。

iPhone7 Plusを買うとすれば、64GBモデルにするかもしれません。理想を言えばiPhone7のストレージモデルは、64GB、128GB、256GBですが、そこまでは一気にいかないと思います。

更新情報を配信します

関連コンテンツ