iPhone6sのシリアル番号で無償修理の対象かを確認する方法

本日、Appleは2015年9月から10月に製造されたiPhone6sに関して、予期せず電源が落ちる不具合を無償で修理すると発表しました。この時期に製造されたiPhoneが対象なのですが、その製造日はiPhone6sのシリアル番号から確認できます

修理対象シリアル番号について追記があります

iPhone6s

シリアル番号の4桁目と5桁目に注目

iPhoneのシリアル番号は12桁の数字とアルファベットの組み合わせで構成されています。このうち、4桁目5桁目が製造年月日から生成されます。4桁目のアルファベットが「Q」なら2015年下半期、「R」だと2016年上半期、「S」なら2016年下半期に製造されたことを表します。

そしてその次の5桁目の数字かアルファベットが製造した週番号から生成されます。5桁目が「1」なら「第1週」か「第27週」に製造されたことを、「Y」なら「27週」か「53週」に製造されたことを意味します。4桁目と5桁目を組み合わせることによって、何年の何週目に製造されたことが分かる仕組みになっています。

iPhone6sで2015年9月から10月に製造されたiPhone6sの製造番号は「xxxQCxxxxxxx」から「xxxQMxxxxxxx」の番号となっています。なおシリアル番号は「設定」→「一般」→「情報」→「シリアル番号」で確認できます。

参考Webサイト:iPhone 6s・6s+が「いつ・どこで製造されたか」を確認する方法(Touch Lab

【追記】無償修理対象のシリアル番号の4桁目、5桁目が「Q4、Q5、Q6、Q7、Q8、Q9、QC、QD、QF、QG、QH」とする情報もあります。複数の情報サイトがこのシリアル番号が修理対象と報じており、今回の対象シリアル番号は上記Q4〜QHだと考えられます。Appleのサポートサイトで自身のシリアル番号を入力すれば対象かどうか、判定できるようになっています。「サポートページ

僕のiPhone6sは修理対象か?

シリアル番号

今回の修理対象はあくまで「電源が予期せず落ちた」ことがあり、かつ「2015年9月から10月に製造された」、「iPhone6s」です。僕のiPhone6sもシリアル番号を確認すると「xxxQDxxxxxxx」となっており、無償修理対象の時期に製造されているのですが、バッテリーにそのような症状があったかどうか…。

iPhone6s

iPhone6sの消耗したバッテリー

確かに僕のiPhone6sのバッテリーの減りはかなり早かったのと、寒い場所(スキー場)で突然電源が落ちた経験はあります。常にiPhone6sのバッテリーの不安定さには悩まされてきたのですが、今回の修理の対象になるのか、、、微妙なところではあります。一度Apple Storeに持ち込んでみて確かめてみようと思います。

更新情報を配信します

関連コンテンツ