HomeKit対応の新製品(暖房機器)登場、でもちょっと高いな

Appleが2014年のWWDCで発表したHomeKitの普及スピードは早いとは言えません。日本でも購入できるHomeKit対応製品が少なく、照明やセンサー、カメラ類だけでとてもホームオートメーションと言える状態ではありませんでした。しかしデロンギからHomeKit対応のオイルヒーターが登場し、ようやくそれらしい使い方ができるようになりそうです。

delonghi

Homeアプリ、Siriから操作可能

デロンギ「Multi Dynamic Heater WiFi Model」はHomeKitに対応しており、Wi-Fi経由でSiriHomeアプリで操作が可能になっています。電源のON, OFFだけでなく、設定温度の変更も可能です。またオートメーション機能を使えば、日の出とともに暖房の電源をONにしたり、家に近づいたらONというような操作も可能になります。

oilheater

オイルヒーターの特性としてすぐに温まらないデメリットオートメーション機能で補う試みは悪くないと思います。価格はApple Online Storeで税別84,800円と暖房機器としては高価な商品となっていますが、それらしく使える初めてのHomeKit対象製品ということもあり、ある程度の人気が予想されます。買うなら寒くなり始めた今がベストのタイミングかもしれません。

HomeKit対応製品増加に期待

日本で規格上、法律上の問題がないHomeKit対象製品フィリップスの照明Elgatoのセンサー類などかなり数が限られていました。僕もフィリップスの照明(Hue)を使っているのですが、iPhoneやiPadが照明のリモコンになり、目覚ましアラームとともに照明を点灯させられるのは確かに便利です。これが他の家電でも使えればどれだけ便利なのか、と思っているのですがなかなか対象製品が広がりません

auto

そんな中で新しい種類の製品としてデロンギの暖房機器が日本でも発売になったことは、今後の発展に期待できるいい兆候だと思います。ただ対応するのは海外のメーカーばかりです。国内の家電メーカーもぜひHomeKit対応を進めてもらいたいと思います。

更新情報を配信します

関連コンテンツ